キャンピングカーの太陽光発電システム

太陽光発電システムが注目されてからだいぶ経ちますが、まだまだ需要は伸びています。ソーラーパネルを使った太陽光発電はほかの発電方法と異なって、二酸化炭素などの温室効果ガスの発生がなく、温暖化問題、環境問題に大きく貢献します。さらに蓄電して使い切れず余った電力は電力会社へ販売することもできますので、経済的でもあります。そういうことから企業や各家庭で太陽光発電システムを導入する、あるいは検討することが多くなっています。

特にわかりやすい例が一戸建て住宅の屋根です。屋根の上にソーラーパネルを設置して太陽光発電を行っているというのを見たことがある方も多いと思います。もしかして既に設置済みという家庭もあるかもしれませんね。それほど太陽光発電の普及が進んでいます。

ソーラーパネルは屋根以外にも設置ができます。一例としてキャンピングカーにソーラーパネルを設置している例があります。ソーラーパネル、太陽光発電システムの専門店、オフグリッドソーラーではキャンピングカーで利用できる太陽光発電システムを販売しています。

走行しながら蓄電した電気を社内で利用できるという仕組みになっています。
こちらの店舗では全国のご相談窓口で取り付け依頼ができます。

痛風を疑ったら尿酸値計測を

http://www.xn--wvwp8qika974i.net/article/gennninn.html足親指や関節の違和感、熱っぽさから始まって、急に痛み出したらそれは「痛風」かもしれません。
痛風は血中の尿酸値が高くなることにより起こる病気です。
痛風の痛みは文字通り「風がふいても痛い」くらいの激痛ですが、最初は1週間~10日ほどすると自然に治ってしまうこともあるので、痛風だとはっきりしないうちに通院を止めてしまう場合があり、何ヶ月か後に再発し、これを繰り返すことになります。

尿酸は通常自然に尿の中に排出されますが、この機能が上手く働かないと排出されなかった尿酸が体に溜って関節等の神経を刺激するようになります。うまく働かなくなる理由はいろいろありますが、ほとんどの場合はプリン体の過剰摂取・過剰発生です。プリン体は体にエネルギーを回す大切なDNAの主成分ですが、食物から取りすぎたり、ストレスや筋肉疲労などから過剰発生させたりすると、プリン体の老廃物が尿酸分解を妨げるようになり、尿酸値が上がって、痛風を引き起こしやすくなります。

食べ過ぎ・飲みすぎ(特にアルコール)・運動不足・肥満・不規則な生活・過重労働などによる筋肉疲労やストレスなどの生活習慣に身に覚えのある方は痛風の疑いがあります。詳しいことはこちらのサイト「痛風の悩み解決情報局」をご覧ください。
痛んだときは整形外科を訪れてもいいのですが、骨などの異常がない場合は、早いうちに内科や泌尿器科で尿酸値を計測するようにして下さい。

たかがマットレスと思ってはいけません!

たかがマットレス・・・されどマットレス。

昨年の春のニュースで、「エ~っ」と思ったことがあります。

それは、マットレス用のスプリング輸入に対して、アメリカが反ダンピング課税の継続を決めたという内容のものです。

理由は、ベトナムや中国などから輸入するマットレス用スプリングの課税を解除すると、アメリカ国内の企業が大きな損失を被るというものです。

課税率は、ベトナムに対して、116.31%、中国に対しては、234.51%、南アフリカに対しては、121.39%なのだとか・・・。

数字を比べてみると、中国に対する課税率が飛び抜けて高いのでびっくりしました。

スプリングを使うマットレスは、主にベッドに使われているようですが、日本だと、ウレタンマットの方が馴染み深い感じがします。

また、日本では畳の上に寝る時もマットレスを使うことが多く、たたんで押入れにしまうことを考えると、軽くて取り扱いやすい、ウレタンフォームかフォームラバーになるようです。

最近は、ウレタンフォームとかフォームラバーではない、新素材の洗えるマットレスや非常に復元性の高いマットレス素材が開発され、値段は少し高めですが寝返りが非常に楽なマットレスも販売されているようです。